母との暮らし日記

母との実家暮らしを始めました・・が・・

【スポンサーリンク】

手術することを決めたから!

なにげにモヤモヤ気分が続きます

誰かと喋って気晴らししたい!と思いました

 

2ヶ月前に切った髪がまとまらなくなったので、髪の毛を切ることにしました

最初の頃は担当のお喋りお姉さんのお喋りで頭が痛くなったのですが、人間って慣れます!

hahatonokurashijournal.hatenadiary.jp

あのお姉さんのある意味テンポの良いお喋りを聞いていたら気が紛れると思ったら・・

 

ガーン💦

 

電話で予約を入れたのですが、手違いで違う人が担当でした_| ̄|○ il||li

会話も弾まず・・(´ . .̫ . `)

 

その上、帰り道、母のデイサービスから電話がありました

母がもどして気分が優れないという内容でした

報告の義務レベルのお電話と判断しました

とりあえず母が帰りたがっているわけではないのと、大事ではなさそうなので、安静にしてデイサービスで過ごすということになりました

 

夕方帰ってきた母はまぁちょっと元気がないかなくらいでした

御飯も喉に詰めずに食べました

 

もしかしたら母のお気に召さなかったデイサービスなので、その気持が反映したんでしょうか?

まだ決定ではないけれどここはやめる予定です

 

そして本題ですけど、パーキンソン病のDBS手術の件を引きずっております

 

今朝

 

手術することを決めたから!

 

と母に言われました(¯―¯٥)

 

懲りない母です

もしかしたら姉と電話で話した?

姉の安易で無知で無責任な後押しだったら許さないからね(ー_ー;)

使えないどころかかき回す姉が私にはおります💧

 

母がデイサービスに行っている間に母の見ているパーキンソン病の本をめくってみました

DBS手術のことが書いてありますが、適応年齢が抜けています

情報が足りない本です

 

私の唯一の情報はネットになりますが、どう転んでも母が手術適応にはならないと確信しました

どうしてこんなことになっちゃったんでしょう

お医者さん、かなり罪深いですよ!

私の怒りを買ってますよ!

無駄足や期待をもたせたくないので手術前検査に至る前に(それもないと思うけれど)担当医からきちんと母に説明してもらうのがベストだと思いました

 

とりあえず次の通院までひと月あるので、慌てず粛々と話を勧めていきたいと思います

万が一のことが起こらないようにしなければなりません

 

ご心配いただいた方々、温かいお気持ちが身に沁みます_(_^_)_

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 病気ブログ パーキンソン病へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の同居介護へ
にほんブログ村